2013年02月03日

ドレスコーズ TOUR 1954 @DRUM Be-1

ドレスコーズ初の福岡公演に行ってきました。
でも、ドレスコーズを観るのは2回目。

300人ほどのキャパのライブハウスだから、
満員。
マリーズ時代からのファンも多く見られました。
革ジャンを着たロック野郎もちらほら。

定刻より20分ほど遅れスタート。

志磨以外の3人が出てきたときは、客動かず。
「誰も知らない」のイントロの最後あたりで志磨登場で、
一気に客席前方へなだれる。
スカーフ?バンダナ?を口周りに巻いたまま登場。
会場を一回り睨み唄い始める姿は変わらずかっこいい。
でも、登場SEはマリーズの「愛の賛歌」が好きだな。

このバンドの要はやはりドラムだ。
本当にすごい。THE WHOのキースムーンの邦人版だ。
ベースはバースデーのハルキみたい。
ギターは客を煽る以外は直立不動で弾く。
志磨は相変わらず。
でも、マリーズのときよりあまり動かなくなった。

1枚しかアルバムが出ていないから、
曲数も少なく何か物足りなかった。
まだマリーズのライブのほうが断然楽しかった。

でも、十分今後に期待できるバンドだ。
なんせ、楽器隊が素晴らしい演奏能力であるから。



bump_yuttari_lovers5 at 23:59│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鹿児島ツアーでごわす!   2013年02月28日 15:41
いつもお世話になっています、はじめまして。
また遊びに来ますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔