2009年03月02日

☆RADWIMPS『謎謎』歌詞☆

3月11日発売のニューアルバム「アルトコロニーの定理」に入っている新曲です(・∀・)つ 最高です
サビがバンプの「彼女と星の椅子」に似てる



<歌詞>
内側からは君にだけにしか見えないのに
外からは僕にしか見えないものはなーんだ
君からは決して離れようとはしないのに
僕からは平気で離れてくものはなーんだ


僕が嘘をついても きっとわからないのに
君が嘘をつくと すぐわかるものはなーんだ
悲しいときは 無理して笑って見せるのに
うれしいときは 涙を流すものはなーんだ


それは光っていた
見上げると光っていた
眼の前に降ってきた
それはまるで それは君は


真夜中にかかる虹のように
昼間に輝く星のように
夏に降り注ぐ雪のように
それは それは 新しかった

砂漠で観るシロクマのように
都会で観るオーロラのように
火星で観る生命のように
それはそれは美しかったから


僕は声に出してしか伝えられないのに
君は口にせずとも話せる人はだーれだ
君は生まれたときにはすでに出会ってるのに
僕がやっとこの前出会えたものなーんだ

君とは死ぬまで別れることはないと思うけど
僕にはいつか別れがくるかわからないものはなんだ
だけどそれでもいいと思えるものはなんだ
だってそれだからこそ出会えたものはなんだ


そうだ出会ったんだ
あのとき出会ったんだ
全てになったんだ
それはまるで それは君は


夏の次に春が来るように
昼の次に朝が来るように
梨の木に桜がなるように
僕の前に現れたんだ

雲の上に雨が降るように
瞳からうろこが落ちるように
そのどれもがいとも簡単に
起こるような気がしてきたんだ


君はそいつを嫌いになってしまったという
もう一緒には居られない消えてほしいという
内側から見たそいつを僕は知らないけど
外からみた そいつならよく知っているから

半分しか知らないままに
答えを出すのは
なんかすごくとてもあまりにもったいないから
外からずっと見てた僕の話を聞いてよ
一番近くにいた僕が見てた 君は それは君は


真夜中にかかる虹のように
昼間に輝く星のように
夏に降り注ぐ雪のように
それはそれは新しかった

砂漠で観るシロクマのように
都会で観るオーロラのように
火星で観る生命のように
それはそれは美しかったから



bump_yuttari_lovers5 at 01:00│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by dai   2009年03月15日 21:13
「冬の次に朝」
ではなくて
「昼」の次に朝

ですね^ー^
2. Posted by バンラ   2009年03月15日 21:36
ご指摘ありがとうございます
3. Posted by m   2009年03月16日 22:03
"梨の木"
じゃなくて
"ヤシの木"
だと思います!
4. Posted by jawa   2009年03月16日 22:20
「梨の木」であってます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔